ブログトップ

Ninojiの戯れ言

BMW-R1200GS(DOHC)の試乗

F650GSツインのエンスト症状の診断にディーラーまで行って来ました。

結果はコンピューターにはエラーは出ていない、との事。
とりあえずクラッチのスイッチ?の部品を交換しましょうとなって、部品の入荷待ちです。



診断して貰う間に新R1200GSを試乗しました。
DOHCになり低速トルクが増しているせいか、スタートはエフロクより気を遣わなくても大丈夫です。信号の多い街中も不安なくキビキビ走ります。
思っていたほど重くないしエフロクとの差も感じません。
音は元気がよく、エフロクよりツインらしさが感じられます。
ポジションもすんなり馴染み、ハンドルも遠くなく良い感じでちょっと気持ちが傾きました。

試乗したのはローシート仕様なのですが、やはり足着きには気を使います。
それでもMT-01は重心が高いので不安でしたが、GSは足着きはMT並みですけど重心が低いので安心感があります。

GSを買わない理由が一つ減りましたが、買えない理由(高価)は相変わらずです。
エフロクのパニアケースが1200GSに使えればもっと気持ちが傾いたかもしれませんが、
駄目だそうです。

帰りの道中、いろいろ考えてみましたが、、、、やはり値段がネックです。
還暦のお祝いに自分用に買った人がいましたが、今から計画すると何とか間に合うかな?
by ninozi | 2010-05-28 20:07 | R1200GS | Comments(0)

徒然なるままに