ブログトップ

Ninojiの戯れ言

カテゴリ:カヤック( 25 )

風に苦労のシーカヤック

                先日、久々にシーカヤックのお誘いが掛かって、、

               休日が合わずにお断りしてたら、

               今回、私の休みに合わせて企画して頂いた。

               昨日は強い風で、明日もこの風が吹くならカヤックは無理だろうな、

               と思いながらカヤックを車に乗っけた。

               結果、朝はべたなぎで安心したのだが、、、、
e0135400_14583215.jpg

e0135400_14590409.jpg


e0135400_14593317.jpg
                この後、黒島で休憩と昼食をとり、女子岬へ向かう途中から北の風が

                吹き始め、ラダーが無い私のカヤックは風上へ切上がろうとする。

                それを抑えるために右側を強く漕ぎ左側は軽くで、調整しながら漕ぐ。

                

                          本日の目的地。
e0135400_15271177.jpg
                
                私を除く三人は洞窟探検へ。
e0135400_15291586.jpg
                中はどぶの様な物がたまり、蝙蝠がいっぱいで、

                先頭のFさんが驚かしたものだから、Oさんの胸とか顔にバンバン、

                蝙蝠がぶつかったとの事。

                洞窟嫌い、どぶと蝙蝠も嫌いな私には耐えられない。

                
                此処で休んでる間に北風が強くなり始め、

                帰り道は左側だけのパドリングでやっと前へ進む感じ。

                それが辛くなって、風に向かって両手で漕ぎあがり、

                方向転換して、早いパドリングで波に乗りながらの

                ジクザク航法。

                ヨットなら風の力だけど、カヤックは全て人力。

                ヨット乗りのNさんは、私が楽しんでると思ってたと。

                そうなんだ、以前の私はこんな状態を楽しめていたのだ。

                

                佐島の風裏へ入って、やっと落ち着いた。

                ここから諏訪崎の赤灯台までも短いけれど私には危険地帯。

                
                舌間からの出航で良い所が、諏訪崎からの帰り道は風裏になり、

                クールダウンしながら帰られる事。

e0135400_16101715.jpg
                同行したOさんが本日漕いだ距離は24kmだと。

                前回はコースは違うけど同じほどの距離。

                毎回、パドリングよりダべリングの方が長いけど、

                年寄には、これぐらいで丁度良い。

                今回も疲れたけど、心地よさは前回同様。
    
                



by ninozi | 2016-10-11 18:37 | カヤック | Comments(0)

ドナドナ

十五年前は平気で持てたのだけど、今ではとても一人で車には載せられない。

e0135400_17570395.jpg
乗らなくなって、十年以上。まだまだ現役で活躍できるのに、、、、、





で、お嫁入り先が決定。

e0135400_17585858.jpg
これからは日本海を堪能する事だろう、、、、よかったよかった!

by ninozi | 2015-05-28 18:31 | カヤック | Comments(0)

少しハードなカヤック③

鳥の巣が見える頂上付近と岩場に引き上げてるFさんのカヤック。
e0135400_15184439.jpg

烏島は海鳥のコロニーになってるらしく、頂上付近の木は鳥の巣がいっぱいで、地面は糞だらけとか。

そう言えば、前回は海上から見ただけだけど、近づきがたいほどの鳥の数で、Fさんは子育ての時期が終わるのを待ってたのだろう。



Fさんの乗艇を手伝って出発、順調に気持ち良く漕げてたのが、、、今度は足が、、、つりそう。

フットペグから足を外して伸ばしてみたりで、なんとか回復。

佐島を横手に見ながら諏訪崎の赤灯台を目指す頃になると、、、、パドリングハイで、一体どうなってるのか?


                 諏訪崎の赤灯台
e0135400_15515873.jpg


                 魚霊塔
e0135400_15532373.jpg

e0135400_15543619.jpg
e0135400_15550511.jpg
諏訪崎で遊んだ後は、養殖いかだが並ぶ海を淡々と漕ぎ、無事帰還。
e0135400_15582471.jpg
e0135400_15585091.jpg

カヤックから降りるのに、足元がおぼつかない、、、大島を出てから三時間以上乗りっぱなしだから無理もないけど、

とにかく足が弱ってる。
e0135400_15591897.jpg
さすがのFさんもお疲れのご様子。

きいてみると腕が疲れてるって、、パドルは腕で漕ぐので当然かもしれないけど。

私の場合は今までも腕に疲れを感じた事は無くて、もっぱら足にくるみたい。

今回、腹筋にきたのは初めてで如何に運動不足かと。

でも、終わってみると快い疲労感で、、、カヤック最高!





by ninozi | 2014-09-23 23:08 | カヤック | Comments(0)

少しハードなカヤック②

出発間際に、「用事が出来たので帰る」とマシンガン兄。

そこでチラッと、「一緒に帰るともろもろの用事も出来るな」と、思ったのだけどFさんは一人でも行きそうな勢い。

来た道をそのまま帰るのは好きじゃないので、予定どうりに「わたりがはや」へ向かって出発。
e0135400_11270084.jpg
干満の差が年で一番大きい春先の干潮時には岩礁が現れて、Fさんは以前にそこへ降り立った事が有ると言う。

で、海中を覗いてグルグル回って探してるようだけど、、、浮標は潮の流れで移動するので前回の場所は分からないみたい。

e0135400_18250074.jpg
小魚のナブラが立ったので、その辺を覗いてみると2,3m下の海中にそれらしき岩礁を発見。

「見えたよ」とFさんに伝えた後で、海中を覗くと、もう見えない。

海上には目印を置く事が出来ないので、流れが有る所ではこんな感じ。

で、次の目的地を目指すのだけど、なんだか腹筋がヤバい!

バックシートにもたれて漕いだり、極端な前傾で漕いだり、、、なんとかごまかしながら

烏島が近づいた頃には回復気配。
e0135400_11435138.jpg
Fさんはこの島でも頂上を目指すらしくカヤックを岩場へ、、、、こんな事をする人は見たことが無い。
e0135400_11580502.jpg
Fさんが藪漕ぎをして山頂を目指すあいだ、私は島のまわりをぐるっと一周。

カヤックから降りて休みたいのだけど、どこも岩場で、、、

足や腰を伸ばしたいのに伸ばせない!


バリバリ、ベキベキと音がして、、しばらく待ってると、、、
e0135400_12133525.jpg
無事降りてきました、、、サンダル履きで!
e0135400_12182776.jpg


by ninozi | 2014-09-23 19:16 | カヤック | Comments(0)

少しハードなカヤック①

今回も前回と同じ顔ぶれで、、、しかも前回と全く同じ失敗をしてるし、、、

カメラはハッチの中だし、、、スプレースカートを尻に敷いたままでの粟ノ小島は遠かった。

おまけに上陸時に引っくり返ってビッタンコ、脱ぎ散らかして少しでも乾かそうかと。
e0135400_16000437.jpg
舌間から一時間二十分、、、その昔シーカヤックレースの練習をしてた頃、マシンガン兄の記録は往復一時間五十分だったとか。

お付き合いで何度かご一緒したけど、私にはかなりハードで、いくら頑張っても追いつけなかった。

今回くらいのペースなら楽勝と思ってたのだけど、、、、

e0135400_15564560.jpg
この小島でもFさんは藪をかき分けての山登り、、しかもサンダルのまま。





次は、私の希望で「シュードタキライト」を見に、島の裏側へ。
e0135400_16035153.jpg
e0135400_16041747.jpg


柵が有りロープが垂れてて、此処らしいけど何も分からないので、
e0135400_16043820.jpg

上陸
e0135400_16060956.jpg
なるほど、、、
e0135400_16063459.jpg

この黒い筋が、そうらしい。
e0135400_16070605.jpg
橋をくぐって
e0135400_16100915.jpg

e0135400_16120417.jpg
上陸して昼食
e0135400_16124360.jpg
食事中、話を聞いてると年金生活の年齢だとはとても信じられない若さと行動力。

まぁ、パワフルなお二人で、、、、、

この後は浮標を見て烏島へ向かう事に。

この時点では私も余裕綽々だったのだけど、、、



by ninozi | 2014-09-23 13:30 | カヤック | Comments(0)

薪棚にカヤック

薪棚製作は三週目にしてやっと終了。
e0135400_15371140.jpg
作業の真っ最中に貸し出していたシーカヤックが返ってきて、、、

置き場所が狭いので、とりあえず薪棚に押し込んでみたけど、、、場所を取りすぎ!

無用の長物とは、、、この事か。


ちなみにこのシーカヤックの長さは5m80cm!



by ninozi | 2014-07-22 11:20 | カヤック | Comments(0)

海旅

シーカヤックで日本一周中の若者のブログ、もう一年以上も旅してるようで、、、

ブログを覗いてびっくり、流氷の知床やシャチのいる襟裳岬、、、、

波、風、霧による停滞も多いし、、凄いの一言。


そういえば定年後に日本一周をした三浦さん、もう13年も経つとは!

毎日、海を漕いで、テント泊での日本一周。

憧れは有るけど、、、、三日で音をあげそう。





by ninozi | 2014-07-04 16:39 | カヤック | Comments(0)

ゆったりシーカヤック②

お昼時になり藪山から出てきたFさん、標高70m時点で断念したそうで、

ちなみに頂上は100m以上あるらしい。

昔は耕作してたらしく、索道の残骸やモノラックのレール、石垣などが藪の中にあったとか。


昼食を食べながら話してると、Fさんもヨットマンで小笠原とか沖縄にも行かれてるそうで、、、

他にも登山の話など、もうびっくりな話題が続々と。




移動してる途中で、カメラを後部ハッチから取り出すFさん。パドルを船底に固定してカヤックを安定させると簡単だと、、
e0135400_15133278.jpg
この状態で立ち上がる事も出来るそうで、、

後で実際に浅場で立ち上がってたけど、、、ちょっとグラ付いてた。


いつごろからか佐島には立ち入り禁止の看板が出来てて、
e0135400_16033938.jpg
e0135400_16044631.jpg




帰りは風もなく、ゆったりパドリング。諏訪崎の赤灯台
e0135400_16191105.jpg

岩の間を通過して、遊びながら、、、
e0135400_16202368.jpg


e0135400_16204443.jpg


陸へ上がってからはFさん家での動画鑑賞、此処でもゆったりとした良い時間が流れて、

ここ数年、こんなにのんびりと一日を過ごした事は無かったような、、、、

誘って頂いたお二人さんに感謝、感謝です。





by ninozi | 2014-06-25 16:57 | カヤック | Comments(6)

ゆったりシーカヤック①

前日に午前九時出航の連絡を貰ってたので、早めに行くと、ちょうどFさんが用意をされてるところで、

私がカヤックを降ろしてると、動画を撮ってる様子。

程なくしてマシンガン兄もやってきて、、、

八幡浜市の舌間から予定の時間に出艇。

もう、最初からドジで、スプレーカバーを尻に敷いてしまい、

狭いコックピットでゴゾゴゾと治しているのを、しっかり動画で撮られてしまった。


漕ぎ始めても、パドリングがなんだかギクシャクしてるし、足の収まりにも違和感。

前回から二年も過ぎてるのだから無理もないか。

黒島に着いて、やっとカメラを取り出して、
e0135400_11575111.jpg

ここでFさんは島の頂上を目指すのだとか、、藪だらけなのに足元はサンダル!

残った二人は日陰でダべリング、、、しばらくぶりなので話が尽きない。






by ninozi | 2014-06-24 11:30 | カヤック | Comments(0)

シーカヤックのお誘い

久しぶりにヨット乗りでもあるカヤッカーのSさんがやって来た。

表を見るとシーカヤックを積んだ車が二台。

二艇で青島へ行ってきたとの事で、、、、

最近は青島を見ても、もう行くこともないなぁ、、と思ってる自分がいて。。

話していると、もう一人の方は定年後にシーカヤックを始められたそうで、

パラグライダーの講習も受けてるそうで、、、、

華奢な体つきからは想像できないバイタリティ。

話の流れから次はご一緒することに、、、

装備の点検と、カヤックキャリアを取り付けなくちゃ。

海に出れば気持ちがいいのは分かってるのだけど、一人でだと億劫で、

こうやって誘っていただくのは本当にうれしい。





by ninozi | 2014-06-20 17:33 | カヤック | Comments(0)

徒然なるままに
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30