ブログトップ

Ninojiの戯れ言

カテゴリ:薪ストーブ( 38 )

2016冬 初点火

昨年度の煤落としもせずに薪ストーブを起動。

それなりに燃えてるけど、年が明けてから煙突掃除は必至だな。

by ninozi | 2016-12-06 18:43 | 薪ストーブ | Comments(0)

片手とび

休日のお天気は久しぶり、バイクに乗りたいところだが、

薪運びに便利そうな鳶を借りたので本日もお山へ。

借りた鳶の使い勝手は上々なんだけど、天気が良すぎて暑い。

水を500mlしか持たなかったので早々に退散。

腰痛は相変わらずだし、無理は禁物だ。

by ninozi | 2016-03-08 13:50 | 薪ストーブ | Comments(0)

雪日和

今週は積りはしなかったけど、またまた雪。


                   雪が降ったり日が照ったりの雪日和。
e0135400_12395449.jpg
            
                   若干、腰痛気味なので無理はしないつもりで、昼前に帰り、

                   午後からは久しぶりにバイクを楽しもうかと思ってたのに

                   天気は相変わらずの雪日和。
  
                   で、午後からも薪作り。

                   丸鋸スタンドを引っ張り出して、玉切と小枝切り。

                   結局、全部やり切って、一日中薪作り。

                   大した運動じゃないのに、、、もうヘロヘロ。

                   体力の無さを実感。

                   

                   

                   

by ninozi | 2016-03-01 18:38 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪やま

日に数時間づつの薪割りも、

チリも積もれば山となる!

e0135400_18594807.jpg

by ninozi | 2016-02-26 18:51 | 薪ストーブ | Comments(0)

こぬか雨

先週は雪で今週は雨。

合羽を着るほどの雨じゃないのだけど、

作業が終わった時点ではびしょ濡れ。
e0135400_09080762.jpg
                      
                   他の用事もほぼ毎週あるので、作業は半日しか出来ない。

                   はめ(まむし)が動き出す前には終わりたいのだが。
                   

by ninozi | 2016-02-23 12:07 | 薪ストーブ | Comments(0)

思わぬ雪

先月の雪と比べれば大した雪じゃないけど、道路以外は真っ白。

今朝の予定はくぬぎの運搬だけど、降りしきる雪を見ながら思案。

切り倒したくぬぎの場所は標高250m、、、大丈夫かなぁ。

雪が小降りになったので出発。

雪に埋もれたくぬぎをチェンソーで玉切り、、、運搬。


e0135400_11111388.jpg
                 デカいのは直径が40cm以上、

           すっかりひ弱になった腰が悲鳴を上げるので本日はこれでおしまい。



by ninozi | 2016-02-16 12:38 | 薪ストーブ | Comments(0)

伐採



手が空いた時に伐ってとプロに頼んでいたら、

この雪の日に決行となった。

でっかいくぬぎが三本、隣のみかん園へ倒さないように、
e0135400_09011716.jpg




まずはじゃまな木を切り倒し

e0135400_09013594.jpg




さすがプロ、狙い通りに倒した。

e0135400_09015006.jpg





これが一番難しかった木、これも狙い通り。

e0135400_09020597.jpg
                     さて、これで来季用の材料は出来た。

                   これを小切りにして運んで薪割りして、一年寝かして、、、

                     これで、しばらくは暇を持て余す事も無い。




by ninozi | 2016-01-26 15:00 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪ストーブ始動

11月は雨が多くて、暑いほどの日もあったりだったのが、ここになっていきなりの寒波。

昨夜は寝る前になっての試し焚き、ちょっと問題あり(空気取り入れ口を閉じても燃えてる)だけど、

まぁ、危険は無いので、これはスルーして、今夜は本格的に火入れ。

二次燃焼もうまくいってるみたいで、、、、

今季も薪ストーブを楽しめそう。







by ninozi | 2015-11-26 22:35 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪 薪 薪

鳥猟期も終わり何だか拍子抜けしたような気分、バイクを弄る気にもならず、

小雨が降ったりして乗る気にもならず、かといってじっとしてるのも嫌。

で、薪割りを始めるも昼前には割る薪が無くなって、、、、、

来季用の薪も少々不安、無料伐採木配布の場所に、でっかい材木が積んであったのを思い出して、、、

しばらく使ってないチェンソーのエンジンを掛けてみると、なかなかいい調子。

現場へ着くと、考える事は皆同じでノコ屑があちこちに、、、

で、直径30cm以下の材木は殆ど無くて、それでも折角来たのだからと悪戦苦闘。

短く切っても重い、重い。

車に積み込むのがやっとこさで、帰って降ろすと、、、、もう、へとへと。

でも、風呂上がりのビールは格別の美味しさで、、、

夕食後はユラユラ揺れる薪ストーブの炎を見ながらウトウト。

これが至福の時間で、、、、












by ninozi | 2015-02-17 17:17 | 薪ストーブ | Comments(0)

薪割り ヒヨドリ料理

午後からちょっと時間を貰って、、、

まずは燻製用に下準備していたヒヨドリを吊るして風乾。

その間に薪割り、玉切りして間が無いのだけど、来年用に使うには早く割って乾かさないと、、

で、クサビとでっかいマサカリで強引に。

節とか捻じれが無い木はデカくても割と素直に割れるのだけど、

素性の悪い木は格闘するだけ無駄。 久しぶりなので3時間で体力の限界。

後はボチボチと楽しみながら割る事にして終了。


ヒヨドリの丸ごと燻製は、ちょっと火が入り過ぎたけど骨まで食べれて美味。

手抜きのタレ(ニンニクのすりおろし、醤油、塩、酒、味醂)でも充分。

もう一つは焼き鳥用手抜きタレ(ニンニクのすりおろし、醤油)に付け込んでたヒヨドリ片身。

レンジで少し熱を通してからフライパンで焼くと、、、、これはこれでシンプルな味が堪らない。

今のヒヨドリは脂の乗りも最高! 羽をむしる手間が大変だけど、、、

猟期もあと一か月、、、休みの日は、やっぱりヒヨドリ撃ちかな。













by ninozi | 2015-01-14 20:34 | 薪ストーブ | Comments(0)

徒然なるままに
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30