ブログトップ

Ninojiの戯れ言

<   2017年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

三崎の伽藍山


展望台がリニューアルしたと聞いたので、

久々に来てみた。

前回はMT-01だったので、バイクでは10年ぶりかな。
e0135400_09222549.jpg


霞んで残念、井ノ浦方面
e0135400_09224242.jpg



佐田岬半島先端方面。

見晴らしが良い時なら九州は勿論、山口辺りも見えるだろうに。
e0135400_09230871.jpg
                 展望台へ至る道は前回のまま、案内標識もイマイチで、

                 佐田岬灯台とはえらい違いだ。

by ninozi | 2017-07-30 16:21 | R1200GS | Comments(0)

手長エビ


酔狂な友人が裏の川で捕獲。
e0135400_11220262.jpg
                 ここ数十年、川で遊ぶ子供を見ていない。

                 昔の子供は、夏は川遊びと決まってたものだが、、、

by ninozi | 2017-07-30 11:21 | 日常 | Comments(0)

FBから 発達障害という噓

発達障害という噓

そもそも「発達障害」なんて病名は、精神科医が思いつきで作ったものです。賢い、知能を蓄積している最中の子どもの頭におクスリ放り込んで台無しにするために。科学的根拠のない、いいかげんな、だれでもあてはまるADHDや発達障害のチェックリストによって大人たちに「診断」され「病名」をつけられた子どもたちは、どれほど傷ついているのでしょう。そして、お決まりのパターンですが薬によって、本物の「精神障害者」ができあがるのです。

ここに精神医学の非科学性があります。実際にはうつ病やADHDなど、精神医学が扱う精神疾患や障害については、すでに何百という病名が「発明」(発見ではありません)されているにもかかわらず、何一つとして原因も発症メカニズムも特定されていません。発達障害もADHDもそれを診断できるという検査もアンケートも、すべて捏造の作りごとなのです。しかし精神医学の歴史や計画をしらない人々は、発達障害を勉強した気になっています。はっきりいってそういう親たちはタダの毒親なのです。

そもそも子どもの性格にもよりますが、子どもがイライラしたりキレたりするその直前には、必ずコミュニケーションや理解に関する何らかの行き違いや抑圧、阻害があります。空気が読めないというのも大人側からの視点であり、空気が読めなくて結構なこと。また、大人でも睡眠不足だと刺激されやすくなるのと同様、子どもたちにも睡眠不足や栄養不足など基本的な生活上の問題があるかもしれません。古くからカナー型とかダウン症でさえも、既存の医学が言っているのとは別の原因があります。

まずはワクチンを打つことで発達障害や自閉症は著しく増大します。しかし誰もそのことを指摘しません。砂糖の摂取、食事の問題、化学物質の問題、放射能の問題、その他多くの社会毒の問題で子どもの脳は破壊されます。はっきりいえば、発達障害なんて言われているものの99%は、すぐに治ってしまいます。その方法論もそれほど難しいものではなく、親が学ぶだけで劇的に変わってしまいます。しかし毒親はどこまでもこの子は発達障害だから仕方ないと、嘘をつき続けるのです。

最近の親は、自分の子どもを守る、子どもを見守るということでなく、権威者である医師と医学に従うことしか考えていないのです。それは大人の都合で大人が助かるためだけにそうしています。自分が教育してきたことを棚に上げて、権威や通説に身をゆだねる親が、いったいどれほどの数いるのだろうということです。そして、子どもが精神科に受診している場合、親がおかしいと思って連れていくケースがほとんどです。保健士にいわれたであってもカウンセラーにいわれたであっても同じです。
 
そして、そのことを指摘したときに親たちが行なう正当化は、目に余るものがあります。彼らはその子がもたらす症状の真の意味を知りません。その症状が何を訴えているかを考えません。親自身が適応能力や対処能力がゼロであることを理解できていません。「自閉症や発達障害は親の責任ではない」というドラマにも使われた殺し文句も大ウソなのです。しかし精神科医や製薬会社は困っている人に近付き、こうささやきます。「それはあなたのせいではありません。病気なのですから、仕方ありません」「でも大丈夫。この薬を飲めば、きっと良くなりますから」

もうこのマーケティングを止めることはできないでしょう。


by ninozi | 2017-07-27 10:07 | 健康 | Comments(0)

年金事務所

本日は土用の丑の日、街にはウナギを焼いてる店があちこちに。

たまには人並な食事でもとウナギを頼むも、

普段、コメを食べてないのでご飯がたべきれなかった。


駐車場に戻り車に乗り込むと、酷い熱気でエアコンの利きがイマイチ。

ナビを頼りに年金事務所を目指すと、高速を案内したので割と新しいバージョンだと安心してたら、

それからの二か所では頓珍漢な案内。

それでもリルートは完璧で、、、、田舎なら使えるかなと。


年金事務所には年金の繰り上げ受給の相談に行ったのだが、

話を聞いてるうちに、即日繰り上げに決定。

説明を聞いての一番の決定打は、繰り上げした場合と繰上げしない場合の

受給金額が同じになるのが79歳数か月との事。

周りの先輩達を見ると、この年で元気な人も多いけど、

亡くなってる方もチラホラ。

先の事など分からないし、減額されても良いから

貰えるものは貰っておこうと。



長生きすると損な感じもするけど、全く貰わないで死ぬ人もいる訳で、

そんなのはケチな私には耐えられない。

減額された少しのお金でも、今使える金が欲しいのだ。






by ninozi | 2017-07-25 17:05 | マツダ ロードスターNB6 | Comments(0)

倉敷

帰りは瀬戸大橋を使う事にして、

近場での観光は倉敷美観地区。

雰囲気は良さげだけど、暑すぎ。

e0135400_15081674.jpg

e0135400_15084813.jpg

e0135400_15091298.jpg

by ninozi | 2017-07-23 15:07 | 日常 | Comments(0)

甥の結婚式



私らの時は神前結婚式だった、今では殆どがキリスト教、、、

信者でもないのに。
e0135400_20203059.jpg

e0135400_20210317.jpg

e0135400_20213952.jpg
                   若者主体の披露宴、でも最後にはお決まりの儀式。

                   良い結婚式だった。

by ninozi | 2017-07-22 18:19 | 日常 | Comments(0)

高速道で大阪へ

今回は食に恵まれない。

その①
淡路島での昼食は、とっても残念な結果に、、、

ネットで人気の焼肉店なのに。






e0135400_11590655.jpg

                 
                  
                  観覧車にのる筈が、赤いスポーツカーに夢中。
e0135400_11593515.jpg
何度もそればかりに乗り込んで、観覧車には見向きもしない。
e0135400_12012208.jpg

e0135400_14371228.jpg

道に迷いながらもホテル到着。


その②

ホテルにチェックインしてから、

繁華街で夕食の店選び。

二歳の子供連れで入れそうな店が、なかなか見つからなくて、

いい加減疲れた頃にファミレス風なお店に遭遇。

ご飯は五穀米とかでヘルシーな印象だったのだけど、

出てきた料理は、、、値段が安いジョイフルのほうが明らかに上等。

単に金をケチった結果なんだけど残念。




ホテルは設備もスタッフの方も最高。
e0135400_12310590.jpg


e0135400_12312643.jpg


e0135400_12314745.jpg
                     
                      その③

                ホテルの朝食は和食と洋食を選べるのだけど、

                娘が洋食を選んで、和食派の私としては残念。



                


by ninozi | 2017-07-21 22:58 | 日常 | Comments(0)

2days 二日目

マルカワレーシングの社長に誘われて、

訳が分からないままに参加すると、

トランポで集まった方々は、なんと西日本各地から。
e0135400_06590538.jpg

皆さんばっちり決まってる中で、ワークマン上下が、、、
e0135400_10365704.jpg

本日参加の方もかなりいらしたようで、総数23台。
e0135400_10372672.jpg
最後の休憩、時刻は午後四時。
e0135400_06593454.jpg

こちらは一日目のメンバー
e0135400_12290375.jpg



こんな大人数で走ったのは初めて、

でも、速さに差が有るので自然に数グループに分かれて、

林道の分岐点では合流待ちが度々。

体力が無い私には休憩になって良かったけど、

トップグループはもっと連続して走りたいだろうなぁ。

私が過去に乗ってたセロー225が2台とXR230も参加してて、

それを乗りこなしていたのがいずれも女子。

私が同じバイクで走ったら敵いそうもない。


こんなに林道を攻めて走ったのは初めてだけど、

バイクを押さえて走らないので腕上がりは全く無し。

でも二日後の筋肉痛は必須な感じ。



スタッフの皆さんにはお世話になり、

感謝の念でいっぱいです。






by ninozi | 2017-07-16 20:58 | ホンダXR250R(MEー06) | Comments(0)

マツダロードスターND試乗

最近のマツダ、勢いが有るみたいでディーラーは混み込み。

流石にオープンカー目当ての客は我々だけで、

しばらく営業マンとお話しした後で一人づつ試乗。

グレードは「RS」。レカロのシートとビルシュタインのサスが奢ってあるタイプ。

運転席に座ると体全体が包み込まれたような感じ、これはレカロシートだけでなく

運転席全体に感じた。

久々のマニュアル車で、出足はなんともぎこちない。

シフトのタイミングは大丈夫だけど、クラッチの繋ぎも何度か変なショックが。

先に試乗した友人はシフトノブの操作がカチカチと決まり、気持ちが良いと言ってたけど、

不細工な私は、何だかうまく出来なくて、、

おまけにクラッチを踏むときに、フットレストに足を引っかけたり、

ATに慣れきった身には、なかなか手強い。

でも、試乗が終わる頃には大分慣れてシフトダウンを楽しむ余裕も出来た。

サスペンションは奢ってるらしいけど、街中での試乗では全く分からなかった。

NBもそうだったけど、山で振り回してこそのロードスターなんだから、

もう少し走り込める試乗コースを設定したら、この車の良さも引き立つのに、残念。



デザインは良いしエンジンの回り方も好き、幌の開け閉めも簡単でとても良く出来てる。

でも、乗り換えを考える程の魅力が私には感じられない。

多額の追い金を払ってまで、、、と言うのが本音だけど、

私には今のNBで充分。



by ninozi | 2017-07-09 16:51 | マツダ ロードスターNB6 | Comments(0)

台風3号


正午頃に宇和島近辺へ上陸した台風3号、

我が家の辺りは雨も風も大した事は無く、

台風通過後は日もさして、

車好きの友人を誘って、夕焼けドライブ。
e0135400_09450223.jpg
帰り道では一雨あったらしく路面に水が、、、

洗車してたのに、水しぶきで残念な事に。

雨に遭わなかっただけ、まだマシか。




by ninozi | 2017-07-04 20:31 | マツダ ロードスターNB6 | Comments(0)

徒然なるままに