ブログトップ

Ninojiの戯れ言

保内町立宮内中学校 野球部

またまた野球部の話です。

マロンズ中山で一緒に草野球をしていた保内町立宮内中学校野球部のエースが何年ぶりかでやって来ました。
練習では球がホップするほどの威力なんですが、試合となるとスローボールを投げる不思議なエースでした。
後に高校で出会った他校の野球部の連中は、遅いボールの投手とほとんどの者が認識していたようです。

その野球部の監督になった先生は野球は全くダメで、ノックをするにもから振りの連続で、
ノックの仕方を私が教えてやっと球に当たり始めました。

同級生7人個性の強いやつばかり(悪く言うと自分勝手)、練習も好き勝手で、2年生の頃の方がまともな練習をしていた。

そんな野球部でしたが西宇和郡大会を勝ち抜いて県大会に出場する事になりました。
誰が言ったか覚えてはいませんが、郡大会で優勝すればユニホームを新調する!
まさか勝つとは思っていなかったのでしょう、実現しませんでした。

半分すねくれて出た県大会では一回戦で促進ルールで敗れましたが、西宇和郡の大会の方がレベルが高かったように思いました。

まともな練習をしていれば県優勝の実力はあったのじゃないかなぁ。
by ninozi | 2010-08-14 22:41 | 昔話 | Comments(0)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31