ブログトップ

Ninojiの戯れ言

2016年 06月 12日 ( 2 )

今も心にしみる詩

   小椋 佳        


              大いなる旅路


            旅は長く遠く肩の荷重く、

            時に耐えかねて涙を拭けば

            胸の奥に何かが騒いだ、

            あの日とめどなく

            あふれた夢さ

            なつかしい人が

            はるかな日々が

            時のながれ超え

            ほら めぐる旅路さ




            木戸をあけて

         あなたの後ろ姿にそっと別れを告げてみれば

         あなたの髪の辺りにぽっと明かりがさしたような

         裏の木戸をあけて 一人外に出れば

         明かりが消えた街角、足も重くなるけど

         僕の遠い憧れ、遠い旅は捨てられない

by ninozi | 2016-06-12 16:11 | 日常 | Comments(0)

我が家にて



e0135400_20432521.jpg

by ninozi | 2016-06-12 14:29 | | Comments(0)

徒然なるままに