ブログトップ

Ninojiの戯れ言

カテゴリ:山歩き( 30 )

2018天狗岳


石鎚山登山路での定番写真。
天狗岳下あたりが白くなってる。
e0135400_10530530.jpg

思った通りの樹氷。
e0135400_10461761.jpg




樹氷は綺麗だけど、丸太で作った足元が滑って大変。
e0135400_10471364.jpg

e0135400_18085707.jpg
二時間半ほどで山頂。
e0135400_10480307.jpg

奥宮頂上社のしめ縄も霧氷がぎっしり。
e0135400_10492651.jpg
ガスってきて一時は真っ白になり、
お弁当時間。
この時には天狗岳へ行く気は全くない。
向こう側のてっぺんが天狗岳。
e0135400_10500950.jpg

食事を終え休憩してると、天狗岳から帰ってくる人が数人。
それを見ても全く行く気にならない。

もう降りようかと靴ひもを締め直してる時に、
急に、天狗岳へ行くぞ!の気持ちが湧いた。

還暦過ぎての二度の石鎚では足腰が限界で
とても天狗岳へ向かう気持ちになれなかったが、
今回は余裕がある。
氷が心配だったけど、それも大丈夫との事で決行。
トライしてみれば見かけほど危険は感じないのは経験済み。
自分でも信じられない位の身のこなしで数分で到着。



向こう側に見えるのが石鎚神社のある弥山。
とがった尾根を歩いて此方側が天狗岳。
e0135400_10522688.jpg


向こう側に見えるのは南尖峰。
見た感じでは簡単に行けそう。
次回、体力が残っていれば行く。
e0135400_10505799.jpg

天狗岳への道中は霧も晴れて見晴らしも良いし、
今まで5回の石鎚山詣での中でも最高。
e0135400_10513942.jpg


下山してると、
行きはよいよい帰りは恐いで、
お決まりの筋肉ピクピク。
だましながら駐車場へ到達した時間は午後五時前。
下りで思ったよりも時間が掛かってる。

無事に下山できたことに感謝して神社へお参り。

次は成就社から登ろう。




by ninozi | 2018-11-20 20:44 | 山歩き | Comments(0)

2018秋 古岩屋 霧の瓶ヶ森

天気が回復基調なので、ダメ元でお出掛けすると、
久万町では青空も。


古岩屋の紅葉も見頃。
e0135400_11244901.jpg

e0135400_11255114.jpg

目的地の石鎚スカイライン、麓は曇ってたけど登るにつれて霧。


瓶が森スーパー林道も霧。
e0135400_13492502.jpg



山頂は晴れてるかもと登ってみたけど霧、霧、霧。
e0135400_13505173.jpg

by ninozi | 2018-11-13 18:24 | 山歩き | Comments(0)

黒森峠 唐岬(からかい)の滝 白猪(しらい)の滝

石鎚スカイラインが復旧していないので、黒森峠へ。
標高の高い所でも今日は寒くないので、
絶好のオープンカー日和。
e0135400_09570929.jpg
唐岬の滝入口に車を止め、滝へは降りずに、
白猪峠の標識を頼りに上ると、
尾根筋に出た。
少し下った所が開けてたのでパチリ。

桜三里方面かな
e0135400_10003457.jpg

東温市方面?
e0135400_10005102.jpg

松山市方面
e0135400_10011925.jpg

石墨山かな?
e0135400_10013464.jpg
此処までの上り下りは急な所は無く快適。
 

唐岬の滝への道も軽トラが走れるほどの道で楽勝。
と、思いきや。
滝まで250mの表示から急坂。
途中からは手すりまで付いてて、
ちょっとしたハイキング気分では危ない程。

e0135400_10090030.jpg

滝を眺めながら昼食。
e0135400_10110453.jpg


e0135400_10120768.jpg



e0135400_09280386.jpg
 


凍結する滝で有名な白猪の滝は、
意外にも唐岬の滝から国道をずっと下った所だった。
唐岬の滝も凍結する筈だけど、あの急坂がネックなんだろう。


国道沿いの無料駐車場から此処まで徒歩30分。
危険な所は無いし三歳くらいの子供も歩いてた。
e0135400_10151556.jpg

e0135400_10144366.jpg

途中、散策しながら駐車場へ。
車に乗り込むと雨がポツポツ、グッドタイミング。

今日はオープンカーも楽しめて、
コマ切れの山歩きだったけど快い疲労感で満足。



by ninozi | 2017-11-28 19:27 | 山歩き | Comments(0)

谷上山展望台

展望台から伊予市方面
e0135400_10505452.jpg


松前町方面
e0135400_10512082.jpg


松山総合公園方面
e0135400_10513683.jpg


松山城方面
e0135400_10515339.jpg
ここから軽く山歩き、、、の予定だったけど。

娘と孫に合流して、お食事&お買い物。
あまりの快晴が恨めしい。

私はもっぱら孫のお守り、楽しいけど、
もう、そろそろ付いて行けなくなりそう。









by ninozi | 2017-11-21 18:49 | 山歩き | Comments(0)

東黒森 伊予富士


先の台風で石鎚スカイラインは通行止め。

風邪で体調もイマイチ。

でも天気は良いしで、瓶が森林道へ。

紅葉真っ盛りでこの天気だから寒風山の駐車場は大賑わい。

今回は手抜きルートで、





e0135400_10585292.jpg

e0135400_11043624.jpg

山頂で遅い昼食。
e0135400_11045684.jpg
東黒森だけではお散歩にもならない感じなので、

伊予富士まで足を延ばして。
e0135400_10593703.jpg

e0135400_11002758.jpg


桑瀬峠~寒風山方面
e0135400_10591830.jpg




重そうなリュックを背負った三人組が急な東斜面を登って来た。
e0135400_11000771.jpg
訊いてみると、
奈良県から夜行バスで来て、路線バスで笹ヶ峰登山口から
寒風山を経由しての伊予富士。
面河まで下って最後は道後温泉とか。
本当の山好きは此処までやるんだろうなぁ。
なんちゃって登山の我々はしっぽを巻いて退散。

来た時は満車状態だった旧寒風山トンネル駐車場、
二台の車がいるだけでガラガラ。
帰りは旧トンネル経由で、
屋根を開けて、紅葉した山を見ながらドライブ。
途中、猿が居たりヤマドリがいたりと、
猟期前の気分も少し味わった。

高速代をケチったのですっかり遅くなったけど、良い一日だった。




















by ninozi | 2017-10-31 21:57 | 山歩き | Comments(0)

マツダロードスター(旧、旧)で別子ラインから大座礼山

ここ数年秋になると山歩きをしたくなる。
でも、今朝は出発が午前10時を過ぎてて、
しかも日差しが強くて霞が掛かったような空気。

山頂からの遠望も期待できないし、日差しの中を歩くのも嫌。
で、選んだのが高知の大座礼山。
以前、山の本で見て気になってたブナの木を見に行こうと。

結果、その本の写真に出てたブナの木は無残な姿に。
e0135400_11254290.jpg



新居浜から別子ラインへ上ると、少しだけ紅葉が始まってた。
e0135400_11135477.jpg

クネクネの高知伊予三島線を延々と走り大田尾越の表示を発見。
登山口の表示は無いけど、山の本によると出口の様だけど、
此処から登り始める事にした。

思った通り樹林帯の中を歩くので日差しは避けれた。
でも、直登の道がかなりきつい。
高度を稼いだところで最初のブナの木。
e0135400_11151085.jpg

朝の散歩の効果で余裕な私と、
靴擦れで遅れがちな妻。
e0135400_11154112.jpg


でっかいキノコ、たぶん毒キノコ。
e0135400_11165428.jpg

ブナの巨木がチラホラ見え出した。
e0135400_11172794.jpg


e0135400_11182099.jpg

休憩を入れて二時間ほどで大座礼山山頂。
灌木が茂って殆ど眺望は効かない。
空気が霞んでるし期待はして無かったので、、、
e0135400_11184623.jpg



この時点で午後三時を過ぎてる。
e0135400_11205119.jpg



山頂から少し下った所が本に出てたブナの群落。
ロープと柵で囲ってる。
e0135400_11222219.jpg

e0135400_11224985.jpg


e0135400_11233467.jpg



e0135400_11241224.jpg



e0135400_11245523.jpg


何時から枯れ始めたのか巨大な枝が散乱して、登山道にもチラホラ。
e0135400_11254290.jpg


道沿いに綺麗な花。
でも、私の記憶ではこれも毒。
トリカブト?
e0135400_11260133.jpg

日没と競争するような下山。
車を停めてる大田尾越に着いて、
帰り支度をしてると、もう夕暮れ。
e0135400_11262889.jpg
やはり早起きして、余裕のある行程が大事。
今回は大座礼山で引き返す積りだったのが、
急坂を引き返す気が失せて遠回りをした結果がこれ。

e0135400_11264335.jpg


歩きはこれでお終いだけど、
車での道中がまだまだ。

来た道を引き返すのが駄目な性分で
大川村の方へ降りたものだから、またまた延々とクネクネ道。
R194からは勝手知ったる道だけど昼と夜とは勝手が違い、
なんだか疑心暗鬼。

それでも633美の里で午後七時。
久万町~小田経由で午後九時過ぎに帰着。
ロードスターの走りも堪能した良い一日だった。





by ninozi | 2017-10-10 22:12 | 山歩き | Comments(0)

諏訪崎


朝の散歩が出来なかったので、

少し歩きたいな、と場所探し。

結果、此処は最高。

遊歩道が整備されてて、

行きと帰りで違う道が歩けるし、

日陰も多い。

今回はアジサイの咲き始めだったけど、

いろんな季節の花が楽しめそう。


e0135400_13351350.jpg

e0135400_13355034.jpg

e0135400_13362141.jpg

by ninozi | 2017-06-13 18:33 | 山歩き | Comments(0)

皿ヶ嶺 山頂からの眺望



松山方面、空港と三津方面が見える、、、
e0135400_09092116.jpg


                            久万町。
e0135400_09093991.jpg
中津明神山と鳥形山
e0135400_09095103.jpg
                     下界が見えるのはこの三か所のみ。

                眺望は残念だったけど、森の中は気持ちよく歩けた。

by ninozi | 2016-10-27 12:08 | 山歩き | Comments(0)

皿ヶ嶺

今朝は天気予報とは全く違って、雲一つない晴天。

でも、行きたかったお山の方は雨の確率が高いし、この時間からは無理。

で、無理なく登れそうな皿ヶ嶺へ。

上林森林公園へカプチーノを置いて、しばらく登ると舗装道へ出て、

その先にはなんだかだだっ広い駐車場。

案内板を頼りに風穴。
e0135400_16352650.jpg

                      トリカブト(毒)っぽいけど、、
 
e0135400_16412994.jpg
  

                  道を塞ぐ倒木、近くにはそれらしき根本は見当たらない。
e0135400_16425958.jpg


                シイタケそっくり。  
e0135400_16494943.jpg

e0135400_16505973.jpg
                   きのこ図鑑を見ると、つきよたけ(毒)にも似てる。



                         竜神平でお昼にして、
e0135400_16542485.jpg

                 風が吹いてきたので上着着用、ブーツはバイク用。
e0135400_16560913.jpg

                竜神平へ着いた時から曇りだして、山頂はこんな感じ。
e0135400_16583967.jpg


e0135400_16595997.jpg

                   十字峠経由で下山
e0135400_17015019.jpg
                十字峠からの急な下り坂は、滑りやすくて膝にきつい。


                四時間ほどの山歩きだったけど、足腰に来てたのは

                先週の疲れが残ってたかな。
e0135400_17042934.jpg
                この後は、峠のトンネルを通って久万町経由で帰宅。

                

by ninozi | 2016-10-25 18:38 | 山歩き | Comments(0)

筋肉痛

昨年の石鎚では足が痙攣したりで、かなりへばったのだが、

筋肉痛の覚えが無い。

足の代わりにダブルストックに頼って腕、肩が痛かった。

今回はあまりストックを使っていないのか、

腕とか肩は平気だけど、足の筋肉痛が少々。

年取ると一日おいて痛くなるので、

明日になるともっと酷くなりそうな予感。






今日も暑い、上着も無しでちょっとそこまで。
e0135400_11524439.jpg


by ninozi | 2016-10-19 15:51 | 山歩き | Comments(0)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31